【ワイン】ボジョレー・ヌーヴォーも様々 天然ボジョレー&リサガスボジョレー

毎年11月第3木曜日は「ボジョレー・ヌーヴォー」の解禁日。

 

ボジョレー・ヌーヴォーといっても造り手は様々で、

色々なボジョレー・ヌーヴォーがあります。

ということで、ここではちょっと違った視点で見た

ボジョレー・ヌーヴォーを紹介します。

 

・酸化防止剤無添加の天然ボジョレー・ヌーヴォー

・リサとガスパールのコラボボジョレー・ヌーヴォー

 

■酸化防止剤無添加の天然ボジョレー・ヌーヴォー

ボジョレー・ヌーヴォー・NON・SO2

<ジル・ド・ラモア>

ニュイサン・ジョルジュを本拠地に、ブルゴーニュの高級ワインを

数多く手掛ける生産者。

自然なワイン造りへの強いこだわりがあり、完全にブドウの発酵力だけに頼る

伝統的かつ自然な醸造法で、豊かなコクのあるボジョレー・ヌーヴォーを造り出しています。

 

ブドウ畑はリュット・リゾネと呼ばれるサスティナブルな手法で管理。

多くのワインには、殺菌や劣化防止のため酸化防止剤が使われますが、

健康面や衛生面において完璧なブドウのみを使用し、

正確かつ細心の注意を払い、最も適した区画が選ばれているため

酸化防止剤無添加を実現しています。

収穫は昔ながらの100%ハンドピッキングで行い、全房発酵。

色合いとリッチな味わいを抽出するために5~8日間発酵させ、

ブドウ本来のポテンシャルを引き出しています。

フレッシュな果実のアロマにスミレのニュアンス。

丸みのあるしなやかな果実味が魅力的。

果実味溢れるフレッシュでフルーティーなヌーヴォーです。

 

■リサとガスパールデザインのボジョレー・ヌーヴォー

ボジョレー・ヌーヴォー・リサ・ガスパール (ヴィンテージ)

<ヴィニュロン・デ・ピエール・ドレ>

 

「リサとガスパール」とは、

1999年にフランスで出版が開始されたフランスの絵本作品に登場する

キャラクターで、パリ生まれ、パリ育ちの架空の動物です。

日本では2000年から現在まで計40タイトルの絵本が発売されており、

累計発行部数は200万部以上(2022年7月現在)に及びます。

作者のアン・グットマンとゲオルグ・ハレンスレーベンが描き出す、

やわらかな質感の絵とお茶目で元気でいたずら好きなキャラクターが

人気のシリーズです。

様々なフランス関連イベントのイメージキャラクターに採用されたり、

特に20代から40代の女性に大変な人気を博しているキャラクターです。

 

ヴィンテージによりラベルデザインは変わりますが

2022年は、最新シリーズ 「BOULANGERIE」(パン屋さん)より、

ボジョレー・ヌーヴォーのために特別にデザインしたものです。

ロゼも登場!

 

毎年11月中旬にリヨン市にて、その年のヌーヴォーを鑑評する

「トロフィー・リヨン・ボージョレ・ヌーヴォー」という

大規模なコンクールが開催されておりますが、

生産者の「ヴィニュロン・デ・ピエール・ドレ」は、

当コンクールの「ロゼ部門」において、

「Médailles d’or Grand prix du Trophée」

(ただひとつのワインだけに贈られる大賞)

を受賞したこともあります。

 

※下記リンクは過去ヴィンテージのものですので、

最新ヴィンテージに変更して検索しなおしてください。


一覧ページに戻る